人の魂と霊には違いがあるのですか?どこが違うのですか?




質問: 人の魂と霊には違いがあるのですか?どこが違うのですか?

答え:
魂と霊との違いは何でしょう?’霊’と言うことばは、人間の非物質的な部分にだけ使われます。人間は霊を持っていますが、霊ではありません。しかしながら、聖書は、信じる者だけが、つまり聖霊が内在する人だけが、’霊的に生きている’と言っています。(第1コリント2章11節;へブル4章12節;ヤコブ2章26節)未信者は’霊的に死んでいる’と言われています。( エペソ2章1−5節;コロサイ2章13節)パウロの書簡の中で、’霊’は信者の霊的生活にとって中心点となっています。(第1コリント2章14節;3章1節;15章45節;エペソ1章3節;5章19節;コロサイ1章9節;3章16節)人間の中で、霊は神との親しい関係を持つことを可能にする 要素なのです。’霊’という言葉が使われている時は、必ず、魂も含めて人間の非物質的な部分のことを言うのです。

魂’ということばは、非物質的な部分だけではなく、物質的な部分をも指して使われています。人が’霊’を持っているのとは違って、人が 魂なのです。その最も基本的な意味では、’魂’ とは、’いのち’なのです。しかし、聖書はただの’いのち’というだけではなくもっと多くの領域を示します。その領域のひとつに、人の罪を犯す傾向があります。人間は生まれつき悪いので、その結果人の魂は罪に汚れています。肉体が死ぬとき、いのちの原則は取り除かれます。(創世記35章18節;エレミヤ15章2節) 霊と共に、魂は、多くの霊的感情的体験の中心です。(ヨブ記30章 25節;詩篇43:5;エレミヤ13:17)’魂’という言葉が使われているときは、人そのもの、その人が生きていようが死んだ後であろうが、人全体を指すこともあります。

魂’と’霊’は信者の霊的いのちについて使われるときは、ほとんど同じような意味に使われます。その言及の仕方において違っています。つまり’魂’は、人のこの世との関係において、横の見方です。‘霊’は神との縦の関係においての見方なのです。 両方とも人間の非物質的な部分を指すのですが、’霊’の部分だけが人の神との歩みを指すのだと言うことを理解するのは重要です。’魂’とは、物質的、非物質的な部分も含めて、人のこの世における歩みのことを言います。



日本語のホームページに戻る



人の魂と霊には違いがあるのですか?どこが違うのですか?肉体と魂と霊の部分ですか?それとも肉体と霊/魂の二つだけですか?