組織神学とは何ですか?




質問: 組織神学とは何ですか?

答え:
神学ということばは、ギリシャ語の二つの単語から来ています。‘神’と’ことば‘です。それを合同すると、神についての学問という意味の’神学’になります。組織的とは、システムとして組み立てられたもののことです。 ですから、組織神学とは神学の様々な分野を説明するための仕組みのことです。 例えば、多くの聖書の書に御使いについての情報があります。聖書のある一巻だけがみ使いについてすべての情報を教えているのではありません。 組織神学は、聖書のすべての書の中から御使いに関する情報を収集してひとつの学問としてまとめます。これが、天使論です。聖書の教えを分類別に組織化するのが組織神学なのです。

父なる神についての神学があります。キリスト論は、御子イエスキリストについて。聖霊論は神なる聖霊について。 聖書論、聖書学と言うのは聖書についての学問のことです。 救世論は救いについて、教会学は教会について、終末論は終末についての学問です。天使論は天使について、悪魔神学はキリスト教の見解からの悪魔や悪霊の研究のことです。 クリスチャン人類学というのは、人類について、また、罪悪論という罪とは何かを学ぶ分野も組織神学の中にあります。

聖書学は聖書のある特定の書 がどのような神学の角度に焦点をあわせているかを研究する学問のことです。例えば、ヨハネの福音書は キリストの神性に注目しているので、非常にキリスト論的だといえます。( ヨハネ1章1、14節;8章58節;10章30節;20章28節)歴史的神学論は、教理の研究です。何世紀もの間にキリスト教会がどのようにその教理を発展させたかを研究します。 教義神学は、教理を組織的にまとめた特定のクリスチャン.グループの教理の研究です。例えば、カルバン主義の神学やディスペンセイション主義の神学などです。 現代神学は、最近発展した、または注目を集めた教理の研究です。 組織神学は、私たちが組織的に聖書を理解し、他の人にも教えるのを助ける重要な道具なのです。



日本語のホームページに戻る



組織神学とは何ですか?肉体と魂と霊の部分ですか?それとも肉体と霊/魂の二つだけですか?