有神論的進化論とは何ですか?




質問: 有神論的進化論とは何ですか?

答え:


有神論的進化論は、三つの主な生命の起源説の中の一つの世界観です。そのほかの二つは、無神論的進化論(ダーウイン的進化論、自然主義進化論ともふつう呼ばれています。)と特別創造説です。

無神論的進化論は、神はいない、いのちは、以前存在していた生きていない塊から自然の法則(引力のような)に影響されて出て来ることができたと言います。そのような自然の法則の起源については説明されないのですが。特別創造説は、神が直接いのちを、無から、または以前から存在していた物質から、創造されたと言います。

有神論的進化論は、次の二つのうちの一つを主張します。一つの選択は、神はおられる。けれど、神は直接いのちの起源に関係してはおられないと言います。最初の塊を造られたかもしれない 、自然の法則を造られたかも知れないし、結果としていのちがでてくることを頭に入れて、これらを創造されたのかも知れない。しかし、初めの頃のある時点で、神は引き下がって、被造物に任された。それが何であれするとおりにさせて、結果的にいのちがいのちのない物から出てきた。この考えは、無神論的進化論とよく似ています。というのが、有神論的進化論も自然主義的いのちの起源を推定しているのです。

有神論的進化論の二番目の選択は、神は単に一つや二つの奇蹟を行って、私たちが知っているいのちの起源を起こされたのではない。神の奇蹟は絶えず続きました。神は、いのちを一歩一歩導いて原始的な単純なものから現代の複雑なものへと発展していく過程を導かれた―ダーウインの進化論的いのちの木のようなものです。( 魚が両生動物を産み、それが爬虫類、それが鳥、哺乳類を産んだなど、、)いのちが自然に進化できないところに、(爬虫類の肢がどうやって自然に鳥の翼に進化できるのでしょう?)神が介入された。この考えは特別創造説に似ています。それは私たちの今知っているいのちを何らかの方法で神が超自然的に起こされたというところで似ています。

聖書的特別創造説の見解と有神論的進化論の見方には数々の違いがあります。一つの重大な違いは、死についてのそれぞれの見解に関係します。有神論的進化論者は、地球の年齢が数億年だと信じる傾向があり、化石記録を含んだ地層が長い時間の年代を代表していると言います。人間が化石記録にずっと後にならないと現れないので、有神論的進化論者は多くの生物が生きて死に、人間が遅ればせながら出てくるかなり前に絶滅したと信じます。ということは、アダムが罪を犯す前から死が存在していたことになります。

聖書的創造論者は、地球は割と新しく、化石記録はノアの大洪水のときとその後にデッキタと信じます。地層ができたのは陸上と地下水との区分けと液化のせいであったと思われます。両方の現象が観察できます。そうすると、化石記録と化石が語る死と大虐殺がおきたのは、アダムの罪の何百年の後だったと言うことになります。

この二つの見解の、もう一つの重大な違いは、創世記をどう読むかです。有神論的進化論者たちは、日は時代という説か、わく組説を信じています。両方とも創世記1章の創造の一週間を比喩的に訳します。新しい地球 を信じる創造論者は創世記1章を読むとき、文字通り一日24時間を信じます。有神論的進化論者の見解は両方ともクリスチャンの観点からすると欠点があります。 彼らの見方は創世記の創造の叙述と一致してないからです。

有神論的進化論者は、星が進化して、私たちの太陽系になり、それから地球、植物、動物、結局は人間になるというダーウインの筋書きを想像しています。二つの有神論的進化論の見解は事物の出現に神の役割がどうであったかにおいて意見が食い違います。が、一般的には、だいたいダーウインの時間経過に賛成します。この時間経過は、創世記の創造の記述と矛盾します。例えば、創世記1章は、地は第一日目に創造され、太陽と月、星は第4日になるまでは創造されていません。創世記のことばが太陽、月、星は、実は一日目に創造されたけれど、4日になるまでは、地球を取り巻く大気を通して見えなかったのだという人もいます。だから4日目にそれらが造られたと記されたと。これはちょっと無理やりです。創世記の記述はかなり明確に、地球には、第2日目になるまで、大気はなかったとあります。 もし、太陽、月、星が第一日目に造られていたら、第一日目には見えたはずです。

また創世記の記録では、確かに、鳥は海の生物と共に第5日に造られ、一方、陸上動物は、6日になるまでは創造されなかったとあります。これは、ダーウイン的見解、鳥が陸上の動物から進化したというのと真っ向から反対しています。聖書の記述は、鳥は陸上の動物の前に造られたと言っています。有神論的進化論者はまったくその反対のことを言っています。

現代のキリスト教の最も不幸な傾向は進化論に適応するために、創世記を解釈し直すことです。多くの有名な聖書教師 や弁証者たちが進化論者に折れてしまい、創世記を文字通り解釈することにこだわることが、何かキリスト教の信用にとって不利益、有害であるかのように思うようになりました。すぐに喜んで妥協するほど聖書に対する信仰が薄い人たちは、進化論者たちの尊敬をなくしてしまうでしょう。学問の世界では、本物の創造論者が少しずつ減少しているかもしれませんが、いくつかの忠実な組織があります。

聖書は本当の科学と一致するだけでなく、聖書の一つのことばも本当の科学で反証されたことはありません。聖書は神の生けることばです。。宇宙の創造者から私たちに与えられ、神がどのようにして宇宙を創造されたかの記述とは、進化論、有神論的理解の進化論でさえ、一致していないのです。



日本語のホームページに戻る



有神論的進化論とは何ですか?