恋愛関係を持つには、何歳が若すぎるのでしょうか?




質問:恋愛関係を持つには、何歳が若すぎるのでしょうか?

答え:
関係を始めるのに、何歳が「若すぎる」と言えるのかは、個人の成熟、目標、信仰などのレベルによります。 しばしば、若ければ若いほど、人生経験の不足のせいで、成熟のレベルは低いことが多いのです。自分が誰かということをやっと考え始めるとき、 私たちは、しっかりした恋愛関係を作るために霊的に充分堅く根ざしていないかもしれないので、賢明な決断ができないことが多く、その決断の結果、感情的、肉体的、精神的、かつ霊的な害を受けやすいのです。

関係を持っているといつも誘惑に会っているようなものです。特に相手に対する感情が深まって相手の、魅力が深まるにつれて。若い十代の若者たちは、ホルモンの影響や社会的プレッシャーで悩まされて、時にはほとんど耐え切れないこともあります。日々、新しい感情をもたらします。喜びや興奮とともに、疑惑、恐れなど。それは非常に混乱させます。若い人たちは、ほとんどの時間を自分は誰か、周りの世界や周りの人々とどういうふうな係わりがあるかを考えることで過します。この時期に関係の圧力を付け加えることは、ほとんど余りあるように思えます。特に、相手も同じ変動を体験しているときは。 そのように余りにも幼い関係は、いかに誘惑を拒むかという問題は言うまでもなく、まだ確立していない繊細な自己イメージに与える害を防ぐのを非常に難しくしがちなのです。もし、結婚についての思いがもっと先のことなら、多分デートするには早すぎると言っていいでしょう。恋愛関係の困難やプレッシャーなしに、若者は社交や友情を発展させるためのグループ活動に参加するほうが、誰にとってもより安全です。

いつ恋愛関係を始めるにしても、このときはそれまでに、教わった信仰の土台の上に建て上げるとき、また成長して、神が自分に何をしてほしいと願っておられるかを考えるときであるべきです。この心のわくわくする過程を始めるのに、若すぎることはないのです。「年が若いからといって、誰にも軽く見られないようにしなさい。かえって、ことばにも、態度にも、愛にも、信仰にも、純潔にも信者の模範になりなさい。」(第1テモテ4:12)



日本語のホームページに戻る



恋愛関係を持つには、何歳が若すぎるのでしょうか?