クリスチャンとして生活していくうえで、どうやったら罪を克服できるのでしょうか?




質問: クリスチャンとして生活していくうえで、どうやったら罪を克服できるのでしょうか?

答え:
聖書によれば、神は私たちに、罪を克服するためのいくつかの手段を与えられました。

(1)聖霊:クリスチャンが勝利ある人生おくることができるように、私たち(主の教会)に神がくださった賜物のひとつは、聖霊です。ガラテア人への手紙5:16−25は、肉の行いと、聖霊の実を比較しています。キリストを信じる全ての者は、すでに聖霊を所有していますが、この聖句が指摘しているのは、私たちは聖霊と共に歩き、聖霊に人生をコントロールしていただかなくてはならないという事です。それはどういう意味かというと、肉に従うのではなく、いつも聖霊の導きに耳を傾け、実際にその導きに従って生きるということです。

聖霊がいかに信徒の生活に影響を与えるかは、ペテロの人生に実証されています。ペテロはまだ聖霊に満たされていない時、イエスに死ぬまで付いて行くと約束しておきながら、そのすぐ後にイエスを三回否定しました。しかし、聖霊に満たされてた後、ペテロは、五旬節の日にユダヤ人たちに向けて、正々堂々と力強く救い主について語ったのです(使徒の働き2章)。

聖霊と共に歩く人は、聖霊の促しを無視しないよう心がけ(テサロニケ人への手紙5:19に書かれている「聖霊を消してはならない」ということ)、聖霊に満たされる事を求めます(エペソ人への手紙5:18−21)。それではどうやったら、聖霊に満たされる事ができるのでしょうか。まず、あなたが聖霊の導きに従い、聖霊から力をいただいて生きて行く事を、心から望むことです(マタイの福音書5:6;ヨハネの福音書7:37−39)。そして自分の中にある罪を全て告白し、信仰をもって、神が現在、過去、未来の全ての罪を赦してくださったことを感謝します(コロサイ人への手紙2:13−15;ヨハネの手紙第一2:1−3;ヘブル人への手紙10:1−17)。そしてあなたの人生のすべての領域を神に捧げ(ローマ人への手紙12:1、2)、信仰をもって、神が聖霊であなたを満たしてくださることを祈り求めてください。そうすれば、必ずあなたは聖霊に満たされるはすです。なぜなら、第一に、エペソ人への手紙5:18によれば、聖霊にみたされることは、神のご意志だからです。そして第二に、ヨハネの手紙第一5:14、15によれば、神は私たちが神のご意志に従って祈る時、必ずその祈りに答えてくださるのです。

(2)聖書(神の御言葉): テモテへの手紙第二3:16−17によれば、神が私たちに御言葉をくださったのは、わたしたちが、「すべての良い働きのためにふさわしい、十分に整えられた者となるため」です。御言葉は、私たちがどうやって生き、何を信じたら良いかを教え、また私たちが間違った道を選んだ時にはそれを指摘し、正しい道に導き、正しい道を歩き続けるように教えてくださいます。ヘブル人への手紙4:12にあるように、神の御言葉は生きていて、力強く、私たちの心を刺し貫きます。そして人間の力だけではとても克服できない、心の奥にある問題を根絶します。詩篇119:9、11、105で、作者はいかに神の御言葉が力強く、人生を変える事ができるかを語っています。また、ヨシュアは敵を負かすためには(私たちの経験する霊的戦いに匹敵する)、神の御言葉を朝に晩に瞑想しなさいと神から教えられました。軍の戦術を求めていたヨシュアには、この命令の意味がよくわかりませんでしたが、それでも神の命令に従い、その結果、約束の地のための戦いに勝利をおさめることができたのです。

私たちは、聖書を軽く扱いがちです。教会に聖書を持って行ったり、毎日ディボーションを読んだり、聖書の一部を読んだりしますが、実際に御言葉を暗記し、瞑想し、自分の人生に適用し、御言葉によって指摘された罪を告白し、神がくださった御言葉に感謝する、ということを怠りがちです。神の御言葉に対して、私たちは、「拒食症」か、または「過食症」になることが多いようです。どういう意味かというと、生きて行くのになんとかぎりぎりの量だけ聖書を読むけれど、健康に成長するクリスチャンとして十分な量は読んでいない状態(拒食症)の人たちや、または聖書をたくさん読んでも、じっくり瞑想しないで終わってしまうので、霊的に必要な栄養を取り入れる事ができない(過食症)人たちが多いのです。

毎日聖書を勉強し、聖霊の導きに従って、その時々に応じた適切な御言葉を習慣的に暗記することはとても重要です。また、日記をつけることをおすすめします(コンピューターでも、ノートでも構いません)。なにかその日に御言葉から学んだことを書きとめることができるまで、あきらめずに読み続けてください。私は、御言葉から学んだことだけでなく、神様に自分の弱さを変えていただくための祈りも書きとめます。聖書は私たち自身の人生、そして他の人たちの人生を変えるために、聖霊が使う手段であり(エペソ人への手紙6:17)、霊的な戦いのために絶対必要な大切な武器なのです(エペソ人への手紙1:12−18)!

(3)祈り:これもまた神から与えられた、とても大切な手段です。しかし、口先だけで祈って、祈りを有効に活用しないクリスチャンも多いのです。 私たちは祈りの会や、祈りの時間を持ちますが、早期のクリスチャンの教会のように祈る事をしません(使徒の働き3:1;4:31;6:4;13:1−3など)。パウロは、教え子たちの為にどんなに自分が祈ったかを何回も書き留めています。神は、祈りに関してたくさんの約束をしてくださいました(マタイの福音書7:7−11;ルカの福音書18:1−8;ヨハネの福音書6:23−27;ヨハネの手紙第一5:14−15など)。そしてまたパウロは、エペソ人への手紙の中で、霊的な戦いに勝つためには祈りが大切であると言っています(6:18)!

祈りはそれほど大切なものでしょうか。もう一度、ペテロに注目しましょう。ペテロがキリストを否定する前に、キリストがゲッセマネでペテロに対して言った言葉は私たちにもあてはまります。その時、イエスは祈っていましたが、ペテロは眠ってしまいました。イエスはペテロを起こして言いました。「誘惑に陥らないように、目をさまして、祈っていなさい。心は燃えていても、肉体は弱いのです。」(マタイの福音書26:14)あなたもペテロのように正しい事をしたいと思っていても、力が足りない事を思い知らされています。神の勧告に従い、捜し続け、たたき続け、求め続ければ、神があなたに必要な力を与えてくださいます(マタイの福音書7:7より)。しかしそのためには、単に口先だけの祈りではなく、心からの祈りが必要です。

なにも祈りが魔法のようだと言っているのではありません。祈りと魔法は同じではないからです。しかし、神はすばらしい方です。祈りとは、単に私たちの限界を認め、神の限りない力に頼ることです。そして、神が私たちに力をくださり、その力を使って、私たちが神の御心にかなうことができるように(私たちの肉の願望ではない)お願いすることです(ヨハネの手紙第一5:14−15)。

(4)教会(信徒たち):これもまた、私たちが無視しがちなものです。イエスが弟子たちを宣教に送り出した時は、二人一組で送りだしました(マタイの福音書10:10)。使徒の働きに書かれた宣教の記録によれば、彼らは決して一人で宣教せず、二人かそれ以上でいっしょに宣教しました。またイエスは、「ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、私もその中にいるからです。」と言っています(マタイの福音書18:20)。また、神は私たちに、いっしょに集まることをやめないで、お互いに勧め合って、愛と善行を促すようにしなさいとおっしゃっています(ヘブル人への手紙10:24−25)。そして、お互いに罪を告白し合いなさいとも書かれています(ヤコブの手紙5:16)。知恵文学である旧約聖書には、「鉄は鉄によってとがれ、人はその友によってとがれる」と書かれていますし(箴言27:17)、また「三つ撚りの糸は簡単には切れない」ように数が多いのは強みだとも言っています(伝道者の書4:11−12)。

ある人たちは、クリスチャンの兄弟、姉妹とパートナーとなり、お互いの霊的成長を助け合っています。この人たちは自分のパートナーと、クリスチャンとしての自分の生活ぶり、成長、悩みや問題をありのままに話し合い、お互いの為に祈りあい、励まし合い、実際に自分たちが聖書の御言葉にそって生きているかをチェックしあいます。

神の与えられた手段を使ったことにより、すぐに人生に変化が現れることもあります。また、すぐには変わる事のできない人生の領域もあります。しかし、これらの手段を使えば、神は必ず私たちの人生を変えてくださると約束されました。神が誠実であることを知り、忍耐強く神とともに歩き続けてください。



日本語のホームページに戻る



クリスチャンとして生活していくうえで、どうやったら罪を克服できるのでしょうか?