反キリストとは誰ですか?




質問: 反キリストとは誰ですか?

答え:
反キリストが誰であるかに関しては、たくさんの推測があります。よく言われるのは、バドミア・プーチン、マハマド・アハマデナジャッド、法王ベネディクト16世です。アメリカ合衆国では、前大統領のビル・クリントン、ジョージ・W・ブッシュ、そして現大統領のバラック・オバマがもっともよく挙げられる候補者です。では、反キリストとは誰なのでしょう?私たちはどのように反キリストを見分けるのでしょう?

聖書は、反キリストがどこから出てくるかについて、特に何も語ってはいません。多くの聖書学者たちは、反キリストは10カ国連合、または再建されたローマ帝国から出てくるのではないかと推測しています(ダニエル7:24−25、黙示録17:7)。反キリストがメシアを名乗るためには、ユダヤ人でなければならないはずだと見る人たちもいます。聖書は反キリストがどこから出てくるか、どんな人種であるかを特に語っていないので、これらはすべて推測です。いつの日か、反キリストが示されます。IIテサロニケ2:3−4は、私たちがどのように反キリストを見分けるかを教えています。「だれにも、どのようにも、だまされないようにしなさい。なぜなら、まず背教が起こり、不法の人、すなわち滅びの子が現れなければ、主の日は来ないからです。彼は、すべて神と呼ばれるもの、また礼拝されるものに反抗し、その上に自分を高く上げ、神の宮の中に座を設け、自分こそ神であると宣言します。」

反キリストが示されるときに生きている人々のほとんどが、反キリストが誰であるかに大変驚くだろうと思われます。反キリストは、現在、生きているかもしれないし、まだ生まれていないかもしれません。マルティン・ルターは、彼の時代のローマ法王が反キリストであると確信していました。1940年代、多くの人々がアドルフ・ヒットラーが反キリストであると信じていました。そのほか、過去数百年の間に生きた人々も、同様に、反キリストが誰であるかに関して確信がありました。しかし、ここまで、彼らはすべて間違っていました。私たちは、推測をあとにして聖書が実際反キリストに関して何と言っているかに焦点をあてなければなりません。黙示録13:5−8は次のように宣言しています。「この獣は、傲慢なことを言い、けがしごとを言う口を与えられ、四十二ヶ月間活動する権威を与えられた。そこで、彼はその口を開いて、神に対するけがしごとを言い始めた。すなわち、神の御名と、その幕屋、すなわち、天に住む者たちをののしった。彼はまた聖徒たちにい戦いをいどんで打ち勝つことが許され、また、あらゆる部族、民族、国語、国民を支配する権威を与えられた。地に住む者で、ほふられた小羊のいのちの書に、世の初めからその名の書きしるされていない者はみな、彼を拝むようになる。」



日本語のホームページに戻る



反キリストとは誰ですか?