キリストの復活をなぜ信じなければならないのですか?




質問: キリストの復活をなぜ信じなければならないのですか?

答え:
紀元1世紀にユダヤにおいて、ユダヤの議会の要請でにより、ピラトのもとで、イエスキリストが公に十字架刑にされたということはすでに確立した事実です。クリスチャンでない歴史家、フラビウス. ヨセファス、コルネリウス. タキタス、サモサタのルシアンなどが叙述していますし、またユダヤ議会でさえ、初代教会のクリスチャンでイエスキリストの死を目撃した人々の証しで、この重要な歴史的事実を認めています。

イエスの復活に関しては、否定しようもない証拠がいくつかあります。法理学の天才、国際的政治家の故サー.ライオネル.ルックホー(殺人事件の弁護をして連続245回被告の無罪判決を得たことで、ギネス世界記録書に載っていることで有名な人)が復活の証拠がいかに圧倒的かクリスチャンの意気込みと自信を要約して書いています。「私は42年以上、被告側の弁護士として世界各地に出廷して来ましたし、今も活動しています。 陪審員を前にした法廷において幸いにも多くの成功をおさめてきました。それで、 はっきり言いますが、イエスキリストの復活についての証拠は、圧倒的で、これらの証拠を疑いの余地もなく認めるしかないのです。」

同じ証拠に対する非宗教社会の反応は、方法論的自然主義と一致して、予想通り無関心です。 このことばになじみのない人のために、方法論的自然主義というのは、すべての原因を自然だけで説明しようとする人間的努力のことです。もし、あるいわゆる歴史的事件(例えば、奇跡的な復活など)が 自然科学で説明不可能だったら、非宗教的学者達は、その証拠がどんなに強烈で圧倒的であったとしても、たいていは疑うだけで終わってしまいます。

私たちの観点からすれば、実在的証拠があるのに、それほどまで自然原因を信頼するのは、証拠の調査の助けにならないし、公平でない(だから十分ではない)調査ということになります。証拠の分析に思想的先入観を取り入れるのは、客観性を損なうと信じるワーンハー.ボン.ブローン博士やそのほか数人の 学者と、私たちは同意見です。または、ボン.ブローン博士 のことばを借りると、「唯一の結論を信じることを強制されるのは、科学そのものの客観性を侵害することである。」

では、これより、復活を証明する証拠のいくつかを調べていきましょう。

キリストの復活の第一の証拠

まず、最初に、信用できる目撃者の証しがあります。初代クリスチャン弁償者たちは、何百人という目撃者を記録しています。中には自分達の経験を記録したのもあります。これらの多くの目撃者たちはその証言を否定するよりも、喜んで長期の拷問や死を選びました。この事実は、彼らが嘘の証言ではなく誠実な証言をしたことを立証しています。歴史的記録(使徒伝4章1-17節;トラジャン十世宛てのプリニーの手紙、紀元96年など)によると、ほとんどのクリスチャンがただ信仰を否定すれば、拷問を終えることができたのです。その代わり、ほとんどが苦しみに耐え、キリストの復活を宣言して死んで行くことを選んだのです。

殉教はもちろん驚くべきことだと思いますが、それだけが必ずしも圧倒的な証拠とは言えません。 殉教死が信仰の内容を確証するというよりも、どちらかというと信者が本物であるということを(信者の誠実さを目で見える方法で示すことで)確証しているのです。初代教会のクリスチャン殉教者たちが驚くべきなのは、何かというと、彼らの信仰告白が真実か否か、彼らがよく知っていたということです。彼らは、イエスキリストに生存中に会ったことがあるか、または死後しばらくしてから会ったかもしれないし、そうでないかもしれないのです。これは驚くべき異常なことです。 もし、すべてがただの嘘であったなら、当時の状況を考えると、なぜそれほど多くの人がそれほど後々まで伝えるでしょうか? 迫害、投獄、拷問、死の危険を冒してまで、そんな無益な嘘をうそと知りながら守り通すことができたでしょう?

2001年9月11日に自殺を覚悟のハイジャッカーたちは、もちろん、自分達の信仰告白を信じていました。(そのために喜んで自分から死んで行ったことでそれを立証しているように)。けれども、彼らはそれが本当に真理かどうかは知ることもできなかったし、知りもしませんでした。 彼らは、数世代前から伝達されてきた伝統に信仰を置きました。それとは対照的に、初代クリスチャンの殉教者は、最初の世代でした。彼らはその告白したことを実際目で見たか、または見なかったかもしれません。

目撃者の中で最も有名なのは使徒たちでした。いわゆる復活後のキリストに会った後、彼らは集団で、否定しかねる変化をしました。キリストの十字架刑の後、彼らは自分の命惜しさに恐れて、隠れていました。 復活の後は、迫害の厳しさが増すにもかかわらず、彼らはちまたに出て 大胆に復活のことを宣言して廻るようになりました。何が彼らをあれほどまでに急に劇的に変わらせたのでしょう?もちろん、金銭的利益のためではありません。使徒たちは、復活を述べ伝えるために、自分のいのちも含めてすべてを捨てました。

二番目のキリストの復活の証拠

二番目の証拠には、ある鍵となる懐疑論者たち、特にパウロとヤコブの回心です。パウロは自分で認めているように、初代教会の最も激しい迫害者でした。 パウロが自分で書いているように、 復活されたキリストとの出会いの後、彼はすぐに、激烈な変化をしました。教会の激しい迫害者から、最も実り多い、無私の教会の守護者となりました。 初代教会のクリスチャンと同様に、パウロは貧困、迫害、むち打ち、投獄、などを体験し、そして、そのキリストの復活の宣教のために処刑にまでなりました。

ヤコブも、パウロほど反対はしませんでしたが、懐疑的でした。復活後のキリストに出会ったと思われるヤコブは、そのせいで無類の信者となり、エルサレム教会の指導者になりました。 学者達が一般的に、ヤコブの初代教会あての手紙と認定している一通があります。パウロのように、ヤコブもその証言のために喜んで苦しみに会い、死んで行きました。この事実は、ヤコブの信仰が本物であったことを立証しています。(使徒伝、ヨセファスのユダヤ人古事20巻9章を見てください。)

キリストの復活の三番と四番目の証拠

三番と四番目の証拠には、墓が空であったことを敵が立証したことと復活の信仰がエルサレムで発祥し、そこで根ざした事実があります。イエスはエルサレムでの公の場で処刑され埋葬されました。キリストの遺体がまだ墓に埋葬されていて、ユダヤ議会が発掘してその遺体を見世物にし、復活がでっちあげだったことを暴露しようと思えばできたエルサレムで、イエスの復活に対する信仰を発祥させ、それを根ざすことは不可能だったでしょう。 その代わりに、議会は弟子達が来て痛いを盗んだことにしました。明らかに遺体が墓から消えた(だから墓が空っぽであった)ことを説明しようとしたのでしょう。 墓が空であった事実をどうやって説明できるでしょう?以下、3つの最もよくある説明を記します。

まず、弟子達が遺体を盗んだということ。もし、そうだったら、弟子達は、復活は捏造、でっちあげだったということを知っていたということになります。だから、彼らがそのために喜んで迫害や死を選ぶことはなかったでしょう。 (第一番目の証拠で、目撃者の証言が誠実であることの証拠について見てください。)すべての目撃者と称する人たちは、キリストを本当に見てはいないこと、それゆえ自分達の証言が嘘だと知っていたことになります。それほど多くの共謀者がいて、確かに誰かが嘘だと告白したはずです。自分を拷問の苦しみから解くためだけでなかったとしても、せめて家族や友人を拷問から解放するためにも白状したはずです。最初の世代のクリスチャンは、非常に激しい迫害に会いました。特に、紀元64年のローマの大火災の後には、断然、残忍な仕打ちに会いました。(この大火災はネロが自分の宮殿を拡大するための場所を作るのに、ローマに火を放ったと言われており、その責めを受けるのを恐れてそれをクリスチャンのせいにしたのです。ローマ人の歴史家、コルネリウス.タキタス がその大火災の一世代後に、ローマ帝国年代記で記録しています。)

「ネロは、その忌まわしい行為を一般人から憎まれていたクリスチャンと呼ばれる階級の人々に罪を着せ、最も強烈な拷問を彼らに課した。その名の元であるクリストス は、テベリウスの治世の時代に、当時の地方長官ポンテオピラトの下で極刑を科せられた。これは最も有害な迷信で、一応、制止されたが、再び、ユダヤ地方だけではなく、ローマにおいても他のすべての悪や恥ずべきものがローマまでも侵入してきているのだが、また広まってきつつある。それで、まず、有罪を認めた者すべてが逮捕され、彼らから得た情報によって非常に多くの群集が有罪とされた。ローマに火をつけたという罪というわけではなく、人類に対する憎悪という罪であった。 彼らには死に至るまで、あらゆるあざけりを受け、なぶりものとされた。獣の皮を着せられ、犬に引きちぎられて、殺され、または十字架につけられ、日が沈むと、毎夜の明かりとなるために、火あぶりにされたりした。(年代記15巻44 )」

ネロは、園でのパーテイーの照明として、クリスチャン達を火あぶりにしました。そのような激しい痛みを受けるほどなら、きっとだれかが真実を告白したでしょう。しかしながら、実際に、初代教会のクリスチャンがそのような苦痛から逃れるために、信仰を否定した記録はどこにもないのです。それどころか、数々の復活の目撃者の証言や信仰のために喜んで苦しみと死を選んだ人の記録が多く残っているのです。

もし、弟子達が遺体を盗まなかったのなら、墓が空であったという事実をどう説明したらいいのでしょう?キリストが、実は死んだ振りをし、後に墓から抜け出したのだろうという人もいます。 これは、明らかにばかげた話しです。目撃者の証言によると、キリストはむちで打たれ、拷問を受け、引き裂かれ、刺し通されました。 内臓もかなり打撃を受け、出血多量で、窒息もしており、その上、心臓をやりで突かれていました。 イエスキリスト、(または他のどんな人でも)が、あれほどの体験の後、生き延びて、死んだ振りをし、何の医療も水も食事も受けず、三日三晩、墓の中にいたと、それから誰にも気付かれずに、墓穴をふさいでいた巨大な岩をどけて(血の跡を残さずに、)逃れることができた上に、何百人もの人の前に健康体で現れて復活したと信じさせ、また跡形もなくどこかへ消えることができたなどと信じる根拠はどこにもありません。 そんな考えはまったくばかげています。

キリストの復活の五番目の証拠

最後に、目撃者達の証言の特殊さに関しての証拠です。主な復活の場面のすべてにはまず女性が主な目撃者として挙げられます。これは、もし作り事だったなら、変な作り話ということになります。なぜなら昔はユダヤ人文化でもローマ人文化でも、女性は非常に軽蔑されていました。女性達の証言は実質的でないと見られ、受理されないものでした。この事実を考えると、一世紀のユダヤ地方で、何かをでっちあげるのに、その主な目撃者に女性を選ぶことはまずありえないでしょう。復活したイエスを目撃したと主張する男性の弟子達がもし、嘘をついていて、復活はでっちあげだというのなら、なぜ、当時一番軽視され信用されてない女性たちを目撃者に選んだのでしょう?

ウイリアム.レイン。クレイグ博士は言います。「一世紀のユダヤ人社会の女性の位置を理解すると、この空の墓の話しが、それを発見したのが女性であったというところから始まっているのが、非常に驚くべきことだと解かるのです。 一世紀のパレスチナ地方では、女性の社会的地位は非常に低いところにありました。昔のラビのことばに請うあります。「律法のことばが女に伝わる前に、焼かれてしまいます様に。」「男子の子供を持つ人は幸いかな。しかし、女の子を持つ者には災いあれ。」 女性の証言はまったく価値のないものとされ、それでユダヤの裁判所では法的な証人としては許されなかったのです。このことを考えると、空の墓を見つけた主な目撃者が女性だというのは、非常に特殊なことなのです。それより 後の伝説的な話であったなら、男性の弟子たち、例えば、ペテロやヨハネなどが、墓が空なのを見つけたことに必ずなっていたでしょう。 女性が空の墓を見つけた最初の目撃者であったという事実は、最も妥当な現実として説明できます。つまり、女性たちが空の墓を初めに見つけたということなのです。これは、福音書の著者達が、起こったことを正直に記録したということを示しています。そのことがいかに恥ずかしいことであってもです。 ということは、この復活という伝統が歴史に基いていて、伝説的なものではないことを示します。」(ウイリアム.レイン.クレイグ博士。リー.ストローベル著“ケース.フォー.キリスト”《ゾンダーバン社;グランド.ラピッド、1998出版P.293より引用》

要約すると:

これらのラインの証拠は、目撃者の誠実さが見える形で示されていること、(使徒たちの場合は説明不明の強い変化)鍵となる懐疑論者の回心、懐疑者が殉教者となる変化、空の墓という事実、空の墓に対する敵側の立証, 復活に対する信仰がエルサレムで発祥し、広まったという事実、女性達の証言、 歴史的背景でのそのような女性の証言の重要さ、これらすべてが、復活が歴史的事件であることを堅く立証しています。 読者がこれらの証拠をよく考慮してくださるようお勧めします。あなたにとってこれらの証拠は何を語っているでしょうか? これをじっくり考慮した私達は、サー.ライオネルの宣言に断固として賛成いたします。

「イエスキリストの復活の証拠は、断然圧倒的なものですから、疑いの余地もなく受け入れることを要求しています。」



日本語のホームページに戻る



キリストの復活をなぜ信じなければならないのですか?