なぜ聖書を読み/学ぶべきなのですか?




質問: なぜ聖書を読み/学ぶべきなのですか?

答え:
単純に言えば、聖書が神のことばだからわたし達はそれを読み、学ぶべきなのです。第2テモテ3章16節は、聖書は神の息がかかっていると言っています。つまり、ことばを変えれば、わたし達にとって、聖書は神のことば であるということです。思想家など多くの人たちがする非常に多くの質問の答えを、神は聖書の中で与えてくださいます。人生の目的は?自分はどこから来たのか?死後の世界はあるのか?死んだらどうなるのか? どうしたら天国にいけるか?世界はなぜこんなにも悪がはびこっているのか?なぜ良いことをしようとして、もがくのか?これらの“大きな”質問に加えて、実用的なアドバイスを山ほど与えています。例えば、 結婚相手を探す時、どういうことを求めるか?どうしたら、良い結婚生活ができるか?どうしたら、良い友達になれるか? 良い親になるにはどうしたらいいか?成功とは何か、どうしたら成功するか? どうしたら変われるか?人生で結局何が本当に重要なのか?後悔なしの人生を生きるにはどうしたらいいか? どうしたら神に喜ばれるか?どうしたら赦しが得られるか?不公平な状況と悪いことが起こるとき、どうしたらそれを克服して生きることが出来るか?

聖書は、断然信頼できる、間違いのない書なので、わたしたちはそれを読み学ぶべきです。聖書はいわゆる“聖なる本”と呼ばれる書物の中でも、とても独特です。それは、ただ道徳的なことを教え、“わたしを信じなさい”と言うだけではないからです。 それだけではなく、わたし達が、聖書に何百とある預言を詳しく調べる力を与えてくれます。聖書の記録する歴史的事実や科学的事実を調べたら、聖書が真実かどうか試すことができるのです。聖書に間違いがあるという人たちは、真理に耳をふさいでいるのです。 イエスがどちらをいうのがやさしいかと一度聞かれたことがあります。「あなたの罪は赦された」と言うのと、 「 立ってあなたのとこを持ち上げて歩きなさい。」というのと。それから、イエスは、その中風患者を癒して(周囲にいた人たちが目で見て確かめることができる)、ご自分が罪を赦すことができる(肉の目では見えないが)ことを証明されました。同様に、わたし達の五感で試すことができない霊に関する事柄でも、試すことのできる部門で(歴史、科学、預言の成就などという部門)みことばは真理であると証明できることを確信させられるのです。

わたし達は、聖書を読み、聖書を勉強すべきです。なぜなら、神は変わらないし、人間の性質も変わりません。だから聖書は最初に書かれたときと同じように今のわたし達にとっても意味があるのです。わたし達の周りの技術は変化しますが、人間の願望や性質は変化しません。聖書の歴史的記録を読むにつれて、一対一の関係にしろ社会にしろ、結局「日の下に何も新しいことはない」とわかってきます。そして、人間全体が間違ったところに愛と満足を探求する一方、神、わたし達の、善なる、恵みあふれる創造主 は、長く残る喜びをもたらすものは何か、教えてくださいます。神の書き現されたことば、聖書は非常に重要なので、イエスは こういわれました。「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる。」(マタイ4章4節).ことばを変えれば、もし、あなたが神の意図されたように完全な人生を生きたければ神の書かれたみことばに耳を傾け、よく聞きなさい。食べることよりも重要なことです。

多くの偽の教えが出回っているので、聖書を読み、勉強するべきです。聖書は、真理か間違いかを判別するための定規になります。聖書は神はどんなお方か教えます。 神について間違った印象を持つことは 、“偶像”または“偽の神”を礼拝することです。 それは、まことの神ではないものを礼拝していることなのです。聖書はどうしたら天国に行けるか教えてくれます。良いことをするのでも、洗礼をうけることでも、またわたし達が何かするのでもないのです。(ヨハネ14章6節;エペソ2章1−10節;イザヤ53章6節;ローマ3章10節;5章8節;6章23節;10章9−13節)

みことばは神がどれほどわたし達を愛しておられるか示しています。(ローマ5章6−8節;イザヤ53章1節f ) そしてこのことがわかると、わたし達は神に惹かれて神を愛するようになるのです。(第1ヨハネ4章19節)

聖書は、あなたを神に仕えるために整えてくれます。(第2テモテ3章17節;エペソ6章17節;へブル4章12節)。聖書は、罪とその究極的な結果からの救いをどうしたら得られるか教えてくれます。(第2テモテ3章15節) 聖書を黙想し、聖書に従うなら、人生に成功します。(ヨシュア記1章18節;ヤコブ1章25節)みことばは、あなたの中にある罪を示し、それを取り除くのを助けてくれます。(詩篇119編 9、11節)  あなたの人生を導き、あなたの教師達よりもあなたを賢くしてくれます。(詩篇32編8節;119編99節;箴言1章6節) 聖書は、あなたが長く続かない、また重要でもないことで人生を無駄にすることから守ってくれます。(マタイ7章24−27節)

聖書を読んで、勉強すると、罪の誘惑の“えさ”の魅力から“釣り針“の痛みまで見通すことができるように助けてくれます。それは、自分で間違いを冒さなくても、他の人の間違いから学ぶことができるようになるためです。経験は偉大な教師ですが、罪から学ぶということになると、経験はひどい教師です。 他の人の間違いから学ぶ方がずっと楽です わたし達が学べる 大変多くの人物が聖書には出てきます。肯定的な模範も、否定的な模範もあります。両方とも同じ人物の人生の違った時期から来ていることがよくあります。例えば、ダビデが巨人ゴリアテを倒した時には、神は、わたし達が直面するようにと神が願われる何物よりも偉大なお方であると教えてくれます。(第1サムエル 17章) バテシェバと姦淫を犯す誘惑に負けてしまったダビデの話は、”ひと時の快楽“の結果がいかにひどく、長くまで続くものかを示しています。(第2サムエル11章f ) 聖書を知ることで、周りのすべてがどんなに崩壊して行くように見えても、本当の希望と平安があります。(ローマ15章4節;詩篇112編7節;ハバクク3章17−19節)

聖書はただ読むだけの本ではありません。人生に適用するために学ぶべき本です。 でないと、食べ物を噛まないでただ飲み込むようなものです。また戻ってきて吐き出すことになり、全く栄養にはなりません。聖書は神のことばです。神のことばとして、自然の原則のように拘束するものです。無視することもできますが、しかし、そうすると自分を傷つけることになります。それは重力を無視するようなものです。 わたし達の人生にとっていかに聖書が重要であるか、強調してもしすぎることはありません。 聖書を研究することは金鉱を掘ることと比べることができます。 努力を惜しんで、単に“流れの石ころをふるいにかける” だけなら、ほんの少しの砂金を見つけるだけに終わるでしょう。しかし、もっと努力して、本当に深く”掘り起こす“なら、あなたの努力からもっと大きな報いを受けることでしょう。



日本語のホームページに戻る



なぜ聖書を読み/学ぶべきなのですか?