聖書は油注ぎについて何と言っていますか?



 

質問: 聖書は油注ぎについて何と言っていますか?

答え:
聖書に20回出てくる油注ぎの油は、旧約聖書では大祭司とその子孫の頭に注ぎかけるのに使われました。幕屋とその中の家具に油を注いで、それらが聖であり、主のために聖別されていることのしるしとしても使われました。(出エジプト記25:6;レビ記8:30;民数記4:16)三回、それは”聖なる注ぎの油”と呼ばれて、ユダヤ人はそれを個人的に使用するために調合するのを堅く禁じられていました。(出エジプト記30:32-33)その調合法は、出エジプト記30:23-24にあり、没薬と肉桂、その他の自然の材料が含まれていました。その油、又はその材料に 何か超自然的な力があったと言うしるしはありません。それよりもその油を作り出すガイドラインの厳しさは、イスラエルの従順さのテストと完全に聖なる神の現れを示しています。

新約聖書では4か所だけで、油を塗る習慣に関して述べていますが、どの箇所もその油の使い方を説明していません。 前後関係から結論を出すことができます。マルコ6:13では、弟子たちが病気の人に油を塗って癒しています。ルカ7:46では、マリヤが礼拝の行為としてイエスの足に油を塗っています。ヤコブ5:14では、教会の長老たちが病人に、癒しのために油を塗ります。 へブル1:8-9では、キリストが勝利をして天に戻られるとき、神がキリストに言われました。「神よ。あなたの御座は世々限りなく、...」と言って「喜びの油」を注がれました。

今日、クリスチャンも注ぎの油を用いるべきでしょうか?聖書は、今日でもそのような油を用いるべきだと命令も提案も何もしていません。しかし、それを禁止することもしていません。 油はしばしば聖霊の象徴として聖書に出てきます。賢い娘と愚かな娘の例えにあるように。(マタイ25:1-13) クリスチャンには、そのように、真理に導いて下さる聖霊の存在と恵みと慰めの油を注ぎ続ける聖霊があります。「あなた方には聖なる方からの注ぎの油があるので、だれでも知識を持っています。」(1ヨハネ2:20)



日本語のホームページに戻る



聖書は油注ぎについて何と言っていますか?