ユダは赦されて/救われていたのですか?



 

質問: ユダは赦されて/救われていたのですか?

答え:
聖書は明らかにユダが救われていなかったと示しています。イエスご自身がユダのことを、言われました。「人の子は自分について書いてある通りに、去っていきます。しかし、人の子を裏切るような人間はわざわいです。そういう人は生まれなかった方がよかったのです。」(マタイ26:24)ここに、神の主権と人間の意志がともに働いていることが明確に描かれています。神は永遠の昔から、キリストがユダに裏切られて、私たちの罪のために十字架で死んで、よみがえられることを定めておられました。イエスが「自分について書いてある通りに去っていきます。」と言われたのはこの意味だったのです。 人間のために救いを備える神の計画は、何も止めることはできなかったのです。

しかしながら、すべてがあらかじめ定められていたという事実は、ユダの弁解にもなりませんし、この劇で彼の果たした役割によって受ける罰から免れることにもなりません。ユダは自分で選択したのです。それらの選択がユダの罪の定めの源なのです。それでも、彼の選択は神の主権ある計画に完全に一致しました。神は人の善を支配するだけでなく、人の悪をも、ご自分の計画の結果を達成するために支配しておられるのです。ここで、イエスがユダをとがめておられるのを見ますが、ユダがイエスと共に3年近くも旅したことを考えると、イエスがユダに救いと悔い改めの機会を十分与えられたことはわかります。彼は、あのひどいことをした後でも、その裏切りの赦しを乞って、神の前に膝まずくこともできました。 しかし、ユダはそうしませんでした。 彼は、恐れから、いくらか良心の呵責を感じて、パリサイ人たちにお金を返したかもしれませんが、悔い改めはいません。それよりも、自殺、究極的な利己主義の行いの方を選びました(マタイ27:5-8)。

ヨハネ17:12はユダに関して言っています。「わたしは彼らと一緒にいたとき、あなたがわたしに下さっている御名の中に彼らを保ち、また守りました。彼らのうち誰も滅びた者はなく、ただ滅びの子が滅びました。それは聖書が成就するためです。」しかしながら、ある時までは、ユダはイエスが預言者であること、又はイエスがメシヤであるとさえ信じた可能性もあります 。 イエスは、福音を宣べ伝えて、奇跡を行うために弟子たちを遣わされました。(ルカ9:1-6)ユダはこの仲間に含められていました。ユダは信仰を持っていましたが真の救いのための信仰ではなかったのです。ユダは絶対に〝救われて″はいなかったのですが、一時はキリストにつき従う者でした。



日本語のホームページに戻る



ユダは赦されて/救われていたのですか?