命は受胎の時から始まると聖書は教えていますか?



 

質問: 命は受胎の時から始まると聖書は教えていますか?

答え:
聖書は確かに命が受胎で始まると教えています。人間の命がいつ始まるかという見方は、すべての文化によって、その文化の価値、道徳的水準、胎児の初期の発展過程の知識 などで変わります。アメリカ合衆国では、1973年に最高裁判所が要求に応じての堕胎を許可した決断以前は、発達途中の胎児は、生まれる前の人だとみなされていました。今では、母親の胎外でも自分で生き延びることのできる胎児でさえ、ある医学的状況においては、堕胎をすることが合法的に許可されることができます。これは、生まれていない子供は本当に人間だとはみなされないことを表します。

科学は人間の命は、受胎の時に始まると教えています。受精の瞬間に、子供の遺伝子の調合はすでに完成しています。 その性は、背丈と、髪、目、皮膚の色と共にすでに決まっているのです。 胎児が、完全に作動する人間になるために、唯一 必要なのは、成長と発達のための時間です。

もっと重要なのは、神はそのみことばの中で、いのちが受胎の時から始まるだけではなく、神は受胎以前にさえ、私たちが何者になるかご存じだと示しておられるのです。(エレミヤ1:5)ダビデ王は私たちの受胎における神の役割についてこう言っています。「それはあなたがわたしの内臓を造り、母の胎のうちで私を組み立てられたからです。、、、あなたの目は胎児の私を見られ、あなたの書物に、すべてが書き記されました。私のために作られた日々が、しかもその一日もないうちに。」(詩篇139:13,16)

社会は、道徳のゆがんだ見方に基づいてその社会独特の人間とは何かの定義を創りだして、生まれてない子の命の価値を低くしようとし続けています。 しかし、否定できない事実は、命は創造の時に始まったということです。そして人間は受胎すると同時に創造されるのです。 私たちが創造されたとき、神はおられました、事実、神は私たちの創造主なのです。神のかたちに似せて造られた私たちの人間としての価値は、私たちが存在する前から考えられていたのです。



日本語のホームページに戻る



命は受胎の時から始まると聖書は教えていますか?