アシュラとは誰?



 

質問: アシュラとは誰?

答え:
アシェラ、又はアシュタロテは古代シリヤ、フェニキヤ、カナンで崇拝されていた女神の名前です。フェニキヤ人はアシュタルテ とその女神を呼び、アッシリヤ人はイシュタ―と呼んで崇拝しました。ペリシテ人はアシェラの神殿を持っていました。(1サムエル31:10) イスラエルがカナンの地を完全に克服しなかったので、アシュラ崇拝はなお続き、ヨシュアが死ぬとすぐ始まってイスラエルを悩ませました。(士師記2:13)

アシュラは土に立つ枝のない木の幹で代表されています。幹はふつう女神の象徴的な代表が彫刻してありました。彫刻された木に関係しているので、アシュラ崇拝の場所はふつう、木立“ と呼ばれ、へブル語のアシュラは女神、又は”木々の木立“のことを指すこともありました。 マナセ王の悪い行いの一つは「自分が造ったアシェラの彫像を宮に安置したことでした。(第2列王記21:7)〝アシェラの彫像”のもう一つの訳は、”木立の彫像”です。.

アシェラは月の女神とみなされ、しばしば、太陽神バアル(士師記3:7;6:28;10:6;1サムエル7:4;2:10)の配偶者として表されます。アシェラはまた愛と戦争の女神ともみなされて、時々カナンのもう一人の女神、アナスと連結されています。アシェラの礼拝はその官能主義で注目され、儀式的な売春が含まれていました。 アシェラの祭司や女祭司は、予見や占いもしていました。

主なる神はモーセを通して、アシェラの礼拝を禁じられました。律法は特に主の祭壇を木々の木立の近くに建ててはならないと禁じました。(申命記16:21) 神のはっきりした教えにもかかわらず、アシェラ崇拝はイスラエルで、長年の問題でした。ソロモンが偶像礼拝に陥っていった時、彼が国内に取りいれた偶像の神々の中の一つは〝シドン人の女神“ と呼ばれたアシェラでした。(1列王記11:5、33)のちに、イザベルは、400人のアシェラの祭司たちを王の食卓で養って、アシェラ崇拝をもっと流行させました。(1列王記18:19)イスラエルは時々リバイバルを経験して、アシェラ崇拝に対して注目すべき撲滅運動がギデオン(士師記6:25-30)、アサ王(1列王記15:13)、ヨシヤ王(2列王記23:1-7)の指導の下でなされました。



日本語のホームページに戻る



アシュラとは誰?